Bar Corazon(バル・コラソン)|福岡市中央区唐人町のイタリア・ラテン料理レストラン

 当店について / ABOUT BAR CORAZON

 バル(Bar)について

イタリアのバル

イタリアのバル(Bar)は、イタリア全土に16万軒あるといわれる、イタリアの地域社会に密着した生活に欠かせないお店です。イタリアのどこの街にも広場があり、教会があり、そしてバルがある。 バルはイタリアの街の風景に、ごく自然に溶け込んだ存在なのです。
またバルは単なるレストランやバーではありません。自分のペースとその時々の気分で、自由に立ち寄って利用することができる場所です。料理やお酒を楽しむだけではなく、みんながコミュニケーションを楽しむための空間でもあるのです。
イタリアの人々は、誰もが自分のお気に入りのバルを持っています。それを「ミオ・バル(=私のバル)」と呼びます。「バルがなければ生きていけない。マンマ(お母さん)の料理と同じだ。」と真顔で語るイタリア人もいるほどです。
Bar Corazon(バル・コラソン)はそんな豊かなバル文化を、料理やお酒と一緒に福岡の皆さんに提供できれば...という私たちの想いが詰まったお店です。

 コラソン(Corazon)について

大切な人(ミ・コラソン)

コラソン(Corazon)はスペイン語・ポルトガル語の単語で、「心」「心臓」という意味です。英語のハート(Heart)と並んで世界で最もよく使われる「こころ」を指す言葉です。
サルサやボサノバの中などで「ミ・コラソン(=私の心)」と歌われる場合は、単に「私の心」という意味だけでなく、英語の「マイ・ハート」と同じように、自分の愛しい夫や妻、恋人を意味しています。
合言葉である「こころを満たす、美味しさ」にも示されているように、大切な人(ミ・コラソン)の舌だけでなく、心(コラソン)をも幸せにする料理やお酒、そしてコミュニケーション空間をご提供することこそが、このお店に与えられた使命。
私たちはそう信じて、このお店に「Bar Corazon(バル・コラソン)」の名前を与えました。

 バル・コラソンのロゴマークについて

バル・コラソンのロゴマーク

たくさんの大切な人たち(コラソン)が集まって、美味しい料理やお酒(お皿、フォーク、スプーン)、そして楽しいコミュニケーション(羽根のついた架け橋)を通じて幸せに包まれることができる、そんなお店を目指す気持ちを表現したのが、私たちバル・コラソン(Bar Corazon)のロゴマークです。
緑・白・赤の3つのカラーは、このお店でご提供する料理やお酒のベースとなっている、イタリアとメキシコという国(国旗)に対する、私たちの心からのリスペクトを表現したものです。

↑ PAGE TOP